令和2年度第3次補正 事業承継・事業引継ぎ推進事業概要

事業承継・事業引継ぎ推進事業とは

新型コロナウイルス感染症の影響下にあっても、地域の貴重な経営資源 を散逸させることなく、次世代へ引き継ぐため、事業承継・引継ぎを⽀援 するとともに、事業承継・引継ぎ後に⾏う新たな取組等を⽀援

各事業のイメージ

事業承継・引継ぎを契機とする業態転換や多⾓化を含む設備投資、販路開拓等や廃業に係る費⽤、事業引継ぎ時の仲介⼿数料、デューデリジェンス費⽤、企業概要書作成費⽤等の活⽤費⽤等を⽀援

申請受付期間

未定(国会での予算成立後公募予定)

補助対象要件

中小企業

対象経費

詳細未定(国会での予算成立後公募予定)

補助額等について

すべての型で廃業を伴う場合は200万円の上乗せ措置あり

創業⽀援型

  • 他の事業者が保有している経営資源を引 き継いで創業した事業者への支援 2/3 補助上限400万円

経営者交代型

  • 親族内承継等により経営資源を引き継 いだ事業者への⽀援: 2/3 補助上限400万円

M&A型

  • M&A(株式譲渡、事業譲渡等)により 経営資源を引き継いだ事業者への⽀援:2/3 補助上限800万円

専門家活用型

  • 事業引継ぎ時の⼠業専⾨家の活⽤費⽤:2/3 補助上限400万円 廃業を伴う場合売り手のみ200万円の上乗せ

成果⽬標

感染症の影響下においても、円滑な事業承継・引継ぎを実現し、対象 企業の⽣産性向上や、地域の貴重な経営資源の維持を図ります。

まとめ

第三次補正予算が可決されるまで詳細は変更される可能性はありますが、チェックしておいて損はない事業です。

補助金・助成金申請でお悩みですか?

“補助金の悩み”は「採択の確度を上げるノウハウ」と「満額受給を受けるノウハウ」がない事が原因。採択と受給を実現する近道は、早めに実績ある外部ノウハウを利用すること。
安心して当社にご相談下さい。